ブリアンと超音波歯ブラシの相性は良いの?

ブリアン

最近では、「超音波歯ブラシ」という高構造な歯ブラシが注目されています。ブリアンと一緒に使うのも良いですね。「音波」は人間がアベレージ聞ける範囲のヘルツですが、「超音波」であれば、人の耳では訊くことができなくなります。その超音波を発生させる装置が歯ブラシのヘッドに内蔵されているものが「超音波歯ブラシ」で、口に含まれた潤いを通じて振動を発生させます。

 

従来の電動歯ブラシや音波歯ブラシは、ともブラシの先に内蔵されているモーターの循環ムーブメントにて、ヘア今しがたをハイウェイ振動させて、歯についた汚れを除去するものです。また、これらの歯ブラシのセールスポイントは、今一つ手で歯ブラシを移す必要のないところがほとんどです。ブリアンにも良い電動歯ブラシは、モーターの活動が助けになって、「手で磨くよりも際立つ掃除効果が期待できる」程度のレベルに居座るものです。また、音波歯ブラシは、ブラシのヘア今しがたが届かない濃い部分の歯垢も、音波による振動で落とすことができます。

 

ブリアン

それに対し、超音波歯ブラシは、歯垢の微生物や、歯にこびりついた頑固な不衛生まで除去できると言われています。ただ、目下、超音波歯ブラシはかなり高額で、本体は14,000円〜18,000円辺りし、ブラシは3ヶ月に1回辺り交換が必要で、その替えブラシも1本約500円〜1,000円行なう。そのため、交換用のブラシまで含めて額面を考えるって、ブリアンもそうですが、通常の手動歯ブラシと比べて、コストが相当高くなって仕舞うのも事実です。

電動歯ブラシには、振動方式という回転式がありますが、メリットとデメリットがそれぞれにあるので、どちらの方が嬉しいということはありません。
フィリップスの「ソニッケアー」やパナソニックの「ドルツ」などは振動方式を採用していますが、この電動歯ブラシは扱いやすくて、小型化し易いのが引力だ。振動を1分間に数値万回を起こす装置が装備されてあり、その振動にて、歯に付いた不衛生などをかき落とします。

 

一方、ブラウン「オーラルB」などで採用されている回転式は、ブラシを回転させて歯を包み込み、歯垢などを浮かせてからかき出します。ブリアンとも合わせれますね。振動式とは違い、歯を全体的に包み込んで磨く結果、ブラシが歯といった歯茎にわたりやマイナーまで入り込みやすいだ。ただし、回転式は歯垢を除去する出力が大きいというメリットがある半面、複雑な仕組みであるため、他の方式と比べると、ボディや振動音が大きくなり、売りがたいと感じる傾向があります。

 

まとめると、振動式のメリットは、アプローチ磨きの歯ブラシと様式が同じでスリムなことと、すっきりとした磨き心地が手軽に得られることです。問題は、ブラシを歯の隙間に覚え難くて、奥歯が磨きづらい傾向にあることです。
一方、回転式のメリットは、歯垢を除去する出力が優れていることと、歯を包むように磨くことによって、歯の隅々まで磨き易いことです。問題は、本体が大きいことと、駆動音も著しいことです。
使いやすさを重視する人間は振動式を、歯垢を徹底的に除去したい人間は回転式を選ぶという良いでしょう。ブリアンがイイ感じです。